« アイ,ロボット | Main | 下妻物語 »

September 22, 2004

華氏911

愛・地球博(2005年日本国際博覧会)、いわゆる愛知万博の開催まで半年を切ったそうだ。

僕は愛知県で生まれ育った。
いまからかれこれ10年前の大学時代には、学生雑誌の編集に関わって、名古屋のあちこちを取材して回った。
その当時、県や中部の財界は既に万博開催に立候補する方針を固めていたわけだが、人々の感覚としては
「万博なんていらんがや」
「ほんとにやるんきゃ~」
そんな雰囲気だった。

名古屋・愛知というのは面白い土地柄で、そこそこ人口のある日本第三の都市圏であり、産業も好条件に恵まれ十分な経済規模がありながら、新しいものを受け入れる気風は薄い。そしてあの幻のオリンピックや今回の万博など、行政や財界が推進するイベントは、たいていみんな反対に回る。
「そんなもんやると、道が混むがや」
「人が増えて住みにくくなるでかんわ」
深い理屈がとくにあるわけではない。全く素朴な感情で、開発、発展といった種類のものごとには、まず抵抗を示すのだ。
心情としては僕にも理解できないわけではないが、名古屋が大いなる田舎と評されるゆえんである。

(ちなみに、僕がいま住んでいる横浜には、名古屋で感じたそういう雰囲気はほとんどない。逆に開明的なイメージを住民自身がブランドに思っているようだ。もっとも、横浜という土地のほうがかなり特殊なのかもしれないけど…)。

その後も、会場予定地にオオタカの巣が見つかったり、反対を掲げ当選した無党派議員が自民党に入党し推進派に変節したり、自然保護団体を巻き込んだ再検討で規模を縮小して環境万博に舵を切ったり、最高顧問に招かれた堺屋太一氏が地元の不評を買って辞めてしまったり、様々な紆余曲折があったわけだが(まさに“迷走”としか思えない時もあった)、ついに本当に開催されるわけだ。

首都圏で働いていると、残念なことに東海地方の日常が情報として届くことは、まずない。たまに大きなニュースがあった時にのみ、入ってくる程度だ。ドラゴンズの優勝だって、(信じられないが)みんなひとごとなのだ。
愛・地球博についてもしかり。
しかし僕は、そこで生まれ育ち、学生時代には活動のフィールドとして十分に楽しませてもらった身の上である。この地域としては史上最大規模となるこのイベントが、それなりに注目され、ぶじに始まりそして終わることを祈っている。
せっかくここまで辿り着けたんだから、成功したらいいよね。

ちょうど22日の夜から25日まで、実家に帰省していたので、久々に中日新聞に目を通しながら、そんなことを思った。

その22日の日中に、実家に帰る前に都内で見た映画が華氏911

マイケル・ムーア監督がブッシュを批判した映画として話題になったこの作品も、早くも上映期間が終了してしまいそうな勢いである。そのようなわけで、とりいそぎ鑑賞に出かけた。

この映画を評するのは僕には難しいが、できるだけ多くの人が見るとよいものだと思う。とはいえ、万人が面白がる内容かというと、大いに疑問符がつくものではあるのも事実だが。

最も印象に残るシーンとしては、イラク戦争に送り出した息子が戦死し、その母親が思いを語るところ。思わず涙ぐんでしまう。こういう身近な肉親の死を描くシーンには弱いんだよね。
それならば、最初から子供を軍になど入れなければいい、という考えはもちろんあるのだろう。だが、この映画ではそうせざるを得ない階層の人々が存在する事実—米国社会の構造がテーマの一つとしてあぶり出される。ムーアが連邦議会議員に息子をイラクに送れと突撃するのは、かつての電波少年なぞとは似て非なる行為なのである。

見終わって、ブッシュの戦争攻撃計画の両書を買ってきて読みたくなった。

シネコンを出てから、そのまま車で夜の東名を走り、実家へ。

豊田東インターができたおかげで、東名を下りて3分で家に着くようになった。これも愛知万博を機にした一連の経済効果の一部なのだろうか? ここは将来、第二東名とのジャンクションになるらしく、近所では新たに高速道路の一部になると思われる橋梁も建設中である。

幼き頃より過ごした田舎には似合わぬ巨大構造物—。
200409251438000

|

« アイ,ロボット | Main | 下妻物語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22029/1549336

Listed below are links to weblogs that reference 華氏911:

« アイ,ロボット | Main | 下妻物語 »