« レッド・ドラゴン | Main | 血と骨 »

November 28, 2004

いま、会いにゆきます

迷惑メールが多過ぎる。

と感じているのは僕だけかしらん。

としたところ、ちょうど日経コミュニケーション2004.11.15号に、「迷惑メール、五つの誤解を解く」という特集が載った。
サブタイトルには、「メール・システムに“有事”、プロバイダが騒然」とある。だから、やっぱり大層な事態になっているのだろう。

具体的な例を挙げよう。
僕がプライベートでメールボックスを使っているプロバイダは@niftyなのだけど、このような感じだ。

11月29日に僕が受け取った私信は、1通。それに対して迷惑メールは36通。
11月28日に僕が受け取った私信は、0通。それに対して迷惑メールは29通。
11月27日に僕が受け取った私信は、4通。それに対して迷惑メールは25通。
11月26日に僕が受け取った私信は、4通。それに対して迷惑メールは29通。
11月25日に僕が受け取った私信は、2通。それに対して迷惑メールは24通。

うーん、冷静に数えてみると、けっこうすごいな…。多過ぎるというレベルをとうに越えている。しかもこの数日だけで見ても、増加傾向にあるようにも思える。

ちなみにこれは、@niftyのメールに迷惑メールフォルダーという、迷惑メールの自動振り分け機能がある。その起動で振り分けられた数と、それから僕が手作業でゴミ箱に移動させたメールの数をカウントしたものだ。

他の人はどうなのだろうか?
@niftyは数100万のユーザーを抱えるのに対し、アドレスはサブドメインがないシンプルな構造だから、迷惑メールの送信業者にとっては、もともと送りつけやすいという土壌があるだろう。
また、僕の場合、メールマガジンを発行していたりメーリングリストにいくつか入っている。それらの送信のため、メールアドレスを明記することになる。もしかすると、それがどこかで業者のリストに拾われてしまったのかもしれない。

そう思ってGoogleで僕のメールアドレスを入れて検索してみると…。ああ、84件も出てきますね。これでは業者のリストにも載ってしまうだろう。やれやれ。

だから、僕の例はとりわけ多く迷惑メールを受信している範疇に入るのかもしれない。でも、ある程度インターネットをアクティブに使っているだけで、こういう結果になってしまうことを考えると…。
なんというか、インターネットの崩壊は近いと想像してしまうのは、悲観し過ぎであろうか。

迷惑メール栄えて、インターネット滅ぶ、である。

さて、11月28日の日曜日に見に行ったのは、いま、会いにゆきます
同タイトルのベストセラーを映画化したものだ。

いいお話だと思う。

ただ、僕の性格としては、奇跡を前提にした物語の構成って素直に受け入れられないのだよね。僕はふだんは現実が全てと思っている、夢を見ない人間だから。

だから、鑑賞しつつも、話の出だしからちょっと距離を置いた感じで見ていた。
しかも、途中で黄泉がえりに似ているような気がしてきた。と思ってしまうのは、なにしろどちらも竹内結子だからだ。

とはいえ、それでも眺めていると、竹内結子はなんだかいままでの印象とは異なるキャラを演じていて、しっとり感が漂い、けっこうよい感じである。
それから最後まで見て、奇跡の構造もわかった。ま、なぜそのような奇跡が起こるのかは、結局腑に落ちなかったのけど、構造がわかったのはスッキリした。黄泉がえりじゃなかったんだね。

まあ、僕がちょっとひねくれた性格だからこういう感想のまとめ方をしてしまうのだろうけど、多くの人にとってはよい映画なのではないかい。カップルで見に行けるといいよね。

それから、お子さんをお持ちの方や、あるいは女性の立場で見たら、またちょっと違う見方があるのかもしれないな、とも思われた。

主題歌は、ORANGERANGE

|

« レッド・ドラゴン | Main | 血と骨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いま、会いにゆきます:

« レッド・ドラゴン | Main | 血と骨 »