« ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!アッパレ戦国大作戦 »

March 29, 2005

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

世間的には春休み。

ということでなのか、NHK BSではアニメ特選として、マクロス・シリーズの一連の映画(OVA含む?)作品が放送された。それを知って、思わずこの超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか愛用のHDDレコーダーに録画してしまった次第であるよ。
で、さらにその後、DVD-Rに焼き直しまでしてしまったのである。

そんなふうにこだわったのは、少しばかりのわけがある。
このマクロスは、ヤマト、ガンダム、エヴァンゲリオンなどと並ぶような、アニメ史上のエポックメイキングな作品だ。
(こう言って間違いないと思う…たぶん)。

80年代、90年代という時代をリアルに語るための一つの教養として、アニメやマンガへの理解は不可欠であると思っている僕にとっては、外せない。

といっても、いわゆるオタクと呼ばれる人たち(代表格は岡田斗司夫センセイでしょうか、やっぱり!)ほどの知識量や執念の深さを、幸か不幸か僕は持ち合わせていない。だから、あくまにライトに親しんでいるだけなんだけど。

#実は、眼鏡をかけ独特の語り口をもつという僕の見てくれに注目し、僕自身がオタクなんじゃないかという誤解をする人が少なくないようです。でも、それはオタクな人たちに失礼だと、内心思う。
#えー、繰り返しますが、僕はあくまで教養の一つとして広く浅くキーワードをおさえているだけ。アニメやマンガの個々の作品について、人に誇れるほどの感情移入はないので。あしからず。
#…最近「おおみずさんはオタクかと思ったけど、意外にこだわりがないんですね」と言われたりするので、あえて記してみました。

閑話休題。
そういうスタンスをとる僕にとって、外せないものだったわけです。

映画に先立って放送されていたテレビシリーズは、本放送ではなく再放送で見た記憶がある。
平日の朝5時半だか6時だかからやっていたから、早起きしてこたつにもぐりつつ見ていたよ、たしか。(この再放送は、CBCだけだったんだろうか?)。

で、当時は気づかなかったのだけど、実はリン・ミンメイってとーってもジコチューな女の子なんだよね。
で、そのわがままな女の子に、優柔不断な男の子の一条輝君が翻弄されているってお話だったのである、これは。
おお、そうだったのだ!
戦闘機からロボットへと変形するバルキリーのカッコよさとか、文化を知らない宇宙人たちといった設定の斬新さには目を奪われていたけど、そんな80年代的男女の恋愛模様まで読み取れというのは、子供には所詮無理なことであったのだ。

こういうことは、ごく最近になってインターネットのWebサイトで指摘されているのをたまたま発見し、なるほどそうだったのだ、と改めて気づかされた次第。
考えてみればミンメイとヒカルの仲がいったいどういう関係なのか(恋人でもないし…)ということに腑に落ちないものは、当時から抱いていたんだよね。
上官で年上の早瀬未沙にヒカル君が惚れてしまうのもよくわからなかったけど、いまから見直せば、彼女は気が強そうに見えても実は内面女の子なわけで、ウムそういうこともありなん、て思うよね。
(自分も含めて、ある種の男はこういう女性には弱い)。

はい。まったく。

ところで、愛、愛ということなのだが、この映画の放送に先立つ3月25日に、僕の地元の愛知県では、愛・地球博が開幕した。

以前もこのむびろぐで書いたことがあるのだけど(その時のブログ)、いやあ本当に始まるんだね、という気がする。

ま、そういうふうに自分の生まれ育った地域が注目され、奇しくも好景気で湧いているという報道もされたりしているのを見ていると、ふと、地元を離れて東京で働いていることに一抹の寂しさを感じちゃったりもするんだけどね。
(まあ、これは相変わらず今の土地に身寄りのない、根なし草生活を続けているところが大きいのだろうけど…)。

でも、そういうある種の寂しさを感じているのは、僕だけなんだろうか?

|

« ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!アッパレ戦国大作戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか:

« ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 | Main | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!アッパレ戦国大作戦 »