« ハウルの動く城 | Main | もしも月がなかったら »

April 30, 2005

マスター・アンド・コマンダー

このところ、映画館に足を運んでいない。
映画といえば、もっぱらWOWOWNHK BSで放送されているものを鑑賞するのみだ。

映画館に行っていない理由は、バタバタしていたからだ。
何をバタバタやっていたかというと、引っ越しである。

そう、このたび引っ越しをしました。
近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください〜。


そもそもこれまでの住まいはというと…。

社会人になって東京勤務になって以来、足かけ8年に渡って住んだのが鎌倉市内の独身寮だ。そして、勤務先のビル移転を機にそこを出たのが3年前。
その時横浜市内に借りた部屋は、ほとんど1Rに近いといえる1Kの部屋だった。

これが最近になって、住み心地がよろしくないなあという思いが増してきたんである。

もともと20㎡の広さしかない物件なので、3年間住んでいると荷物が増えてだんだんと手狭になってきた。
それに、国道に面しているので、常にクルマが通る騒音に囲まれている。僕は音に過敏なほうではないので、なんとなく慣れてしまってはいる。けど、喧噪のないことに越したことはない。
それに困るのは、騒音にさらされるので窓を開けることができず、夏になると空調に頼らない限りは蒸し風呂状態になることだ。

さらに悪いことに、去年からベランダに鳩が棲み着いてしまい、糞公害に悩まされることになった。

引っ越しへの気運は、自分のなかでは少しずつ高まっていたと言える。


といっても、現実問題では引っ越しにはそれなりに費用がかかる。なので、どうしようかなあと思っていた。
いい物件でも出ない限り、べつにいまのところでいいや、と思っていた。

そう考えて逡巡していたところ、すぐ近くに新築のマンションが建ち始めた。
どうせファミリー向けの分譲だろうなあと思って眺めていたそれが、完成してみると1Kくらいのサイズの賃貸物件だった。
入居者募集の垂れ幕がかかっている。

合わせて3月の下旬、それまで個人的にあれこれ考えて取り組んでいたことが潰えて、当面手持ち無沙汰になった。うーん、これからしばらく何に注力しようかなあ〜という気になっていた。

気分転換がしたかったのだ。

そこでふと不動産屋の扉を叩き、その物件を見に行った次第。
ここまですると、引っ越しへの気持ちが固まってくる。不退転の決意になってくる。


13028474_216ところで2004年度の下期には、会社からCiscoの資格取得を課せられていた。
これは前にも書いたように難儀していたのだけど、残るCCNAも3月中にはパスする見込みとなった。

同時に、休日勉強をするというお題目もなくなり、別の個人的な取り組みが潰えたことも合わせて、手持ち無沙汰になることを意味していた。
これは、引っ越しへの敷居を下げる大きな要因だった。


…もっとも、そのCCNAは実際のところ3月末になってもまた落ちてしまい、結果としては4月上旬までかかった。
これは誤算であったわけだが、結局取得できたのでヨシということだろう(ほっ)。


契約を交わし、鍵を受け取って4月の上旬から引っ越しを開始した。
ごく近所なので、とくに業者には頼まず、2週間くらいかけてゆっくり荷物を運ぶつもりで作業を開始した。
アルミ製台車など楽天で購入したりして、準備万端である。

200504091545000

最初の週の土日は、ちょうど桜が咲いていた時で、新居の隣にある公園の桜が満開となっていた。
荷物を運ぶ傍目で眺めて大変気分がよかった。



200504091542000

次の週は、会社の後輩が手伝いに来てくれた。わざわざ横浜市内まで遠路ご苦労様というものである。
感謝、感謝。

bd66459863668e47da71eaad973a470e
といっても実際にはあまり荷物を運ばず、すぐに酒盛りになったのだけどネ。



200504100933001そうやって引っ越した新居の感想を言えば、まず、広い。

今回は32㎡ある。これで、ようやく人間が住むくらいの空間になった気がする。本当に。


200504100934000
いや、20代はべつに寮だとか1Rの物件でとくに不満もなかったわけだけど(そもそも20代の給料では贅沢は言えない)、30代の独身生活にはこれくらいあってしかるべきなんだろう。

そして、新しい。
新築なんだから当然だが、これはかなり気分がいいものだ。

その結果として、必然的に家賃が高い。
これは心配だ。
実はこの春に昇格したから、その給料アップである程度は吸収できるという目論見なのだが、はたしてそんなにうまくいくものか。
おまけに僕は、たいして乗りもしないのにクルマも持っている。その駐車場代にバカにならない金額を支払っている。
節約しなければいけないわけだが、意思の弱い自分。正直言ってうまくできた試しがない。

ということで、金銭面は大いに心配である。

とにもかくにも、そんなこんなで生活を開始した新居です。


気づけばゴールデンウィークに入っていた。

予定のない休日。一人の時間。
そこでTVのスイッチを入れたら放送されていたのが、ラッセル・クロウ主演のマスター・アンド・コマンダー

ラッセル・クロウはカッコよいよね。
ああ、つくづく僕もラッセル・クロウに生まれたかったよ。もし僕がラッセル・クロウだったら、見合いでことわられることもないだろうに…。

と新居でチューハイを空けつつ、くつろいで鑑賞したのである。
これがひとり飲み会ってやつだね。
うーん、満足…。

|

« ハウルの動く城 | Main | もしも月がなかったら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マスター・アンド・コマンダー:

« ハウルの動く城 | Main | もしも月がなかったら »