« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

春の雪

世の中、さまざまな愛の形がある。

先日、ある公園でのんびりしていたらちょっと離れたところのベンチに、20代後半くらいのわりと整った服装をした若い女性と、50代くらいで髪の薄いスーツ姿の男性が座っていた。僕の座っていた場所とちょうど向かい合うような位置関係にいたので、自ずと二人の姿が目に入る。

ちょうど年の差から親子か、あるいは親戚同士かな、と漫然と眺めていたけど、どうも様子がおかしい。あの二人、距離が近すぎる。よく見ると手を握りあい、おじさんは女性の肩にもう片方の手を回している。そして耳元に顔を近づける。

わわ。この二人は…正面から見られない。いたたまれなくなって席を外す。はたしてどういう関係でこうなったのか知る由もないけど、夕暮れ時の公園の一角が、まさに二人の“世界の中心”になっていた。

うーん。世の中、さまざまな愛の形がある。

僕についていうと、最もよく出会う形はこんなもの。
あるところで女の子と知り合い、まあそれなりに仲良くなる。向こうも僕のことを嫌ってはいないようだし、食事や映画に誘って何回かデートもする。ウキウキ。

話ている限りでは、どうやら彼氏もいないようだ。おお。よし、ここいらで告白してみるか。
心臓をドキドキバクバクさせながら、おずおずと切り出す。「えーと、実は…」。なんとも不器用な物言いになってしまうなか、言葉を選んで精一杯気持ちを伝えるのだが。

「え!?」。

さっくり返される。

「ごめん、おおみずくんはいい友達」。

へなへな〜。なんだよそりゃあ。

こんなことが何回か続いた。
それにしても、と思う。彼氏がいないんだったら、ものは試し。とりあえずつきあってくれてもいいんじゃないだろうか。しかし、どうやらそういうものではないらしい(逆の立場になったことがないのでよくわからない)。

ということで、彼氏のいない女性に告白して、つきあってもらえない。これが僕が最も経験する愛の形なのだ。いや、それは愛じゃないぞという常識ある方々の意見も寄せられそうだけど。

ああ、いかんいかん。
こんなことを書いていると、またブログの内容がへたれになってしまうじゃないか。

世の中、さまざまな愛の形がある。

さまざまな愛の形のバリエーションとして、最近恋愛をテーマにした邦画を立続けに、いくつか観ていることになる。
殿の側室となったかつての幼なじみへの、萌える思いを胸に秘めたまま忠勤に励むお侍もいれば(蝉しぐれ)、34歳でおじさんと呼ばれつつも若い娘と恋に落ち、でも死んでしまう写真屋もいる(8月のクリスマス)。

そして今回鑑賞したものは、高貴な家柄に生まれながらもいささか屈折し、道ならぬ恋愛に足を踏み入れ破滅していく二人の姿であった。「春の雪」である。

高校時代にそれなりに読書に励んだ僕だけど、実は三島由紀夫というのは手を出していない作家の一人である。この映画は、遺作「豊饒の海」の第一部にあたるものらしいけど、そのようなわけで物語に対する予備知識はとくに持たずに鑑賞している。

ただ既に予告編は目にしていたわけで、その内容から勝手に、かなりエロエロな映画なんだろうなとは、ひそかに思っていた。この前観た「ジョゼと虎と魚たち」でもわかるように、妻夫木聡というのはあの若さでありながら、既に男のエロを演じるのに長けた役者なのだ(たぶん私生活で実践しているんだろうナ)。だから、そこを期待して観に行ったわけなんだけど…。

でも、結論からいうとエロ度はそんなに高くなかったね。まあ内容が内容だけに濡れ場というものはそれなりにあるのだが、結局竹内結子は脱がないのである。唯一出てくるヌードは、女中のものくらい。そんなあ。。

ということではあるが、愛の形のバリエーションの一つを考えるお話として、まあそれなりに楽しんだ。
そもそも本当に華族があんな字句通りの華やかな生活していたとは思えないけど、いわゆるイメージ通りの絢爛さというものを映像化しているのは、楽しい。カメラワークの綺麗な映画だよ。


それにしても仏さんの国から留学してきたのにやたら愛について語りたがるシャムの王子二人。彼らはなかなか面白いキャラであったな。ふふ。

何より忘れることはできないのは主人公・清顕の親友、本多であろう。本多、おまえはつくづくいい奴だよ。物語の冒頭で清顕にかなりひどく陥れられそうになっていながら、にもかかわらず友人として変わらずつきあって、物語の最後まで清顕に尽くして。

思うにそういう男って、どこにいるものなのだ。一見華やかなスポットを浴びる清顕と聡子、しかしこの二人が身を滅ぼすのはまさに自業自得、ひっきょう以外のなにものでもない。そして世の中は本多、おまえのようなやつこそ幸せになるべきなのだ。

本当に本多はいい人です。いい人ぶりを応援してあげてください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 22, 2005

蝉しぐれ

ズルズル、クション…と。
ここんところずっと雨が降っていて気温が低かったせいか、風邪をひいてしまったよ。

週の半ばからどうも変…と思いつつもサービス残業などしていたら、いやいや、やられてしまいました。
ある日は午前中だけ会社に行って打ち合わせに出て早退したり、次の日は1日自分が出ないと回らない用事があって休めずに出社したりと、そんなふうに体のためには根本的に間違っていることをやっているうちに、休日を迎えた。

部屋でベッドに寝込みつつ、テレビでNHK BSをつけていると、海外ニュースにてヨーロッパで鳥インフルエンザが見つかっていて、ちょっとした騒ぎになっている模様を映し出したりしている。風邪でダウンしているところに鳥インフルエンザのニュースか。実にシュールだなあ。
「復活の日」でも読んでみようか。

ということで、せっかく休日を迎えたわけではあるが。
体調はよくないし、それゆえ誰とも会う予定も入れていないし、必然的にテンションは低くなる。ああ、一人暮らしってさみしいなあ〜(´ω`。) 久々に心底そう感じてしまったヨ。


部屋にこもっていても気分は塞ぐし、一応出歩けるくらいには復調しているので、とぼとぼと駅周辺をうろついてみる。

iモードで上映時間を確認して映画館に向かい、前々から観ようと考えていた「蝉しぐれ」を鑑賞する。映画館の都合か、劇場はプレミアスクリーンで、ゆったり座席にもたれて鑑賞できた。この土日唯一のラッキーといえることかな。

この映画は、けっこう萌え度が高いストーリーではないかと思って注目していたんだよね。

幼なじみの仲でお互いひきあっていた文四郎とふく。しかし、文四郎は父が謀反の罪で切腹となり、一方ふくは殿の側室となる。そして年月を経て大人になった二人(木村佳乃と市川染五郎)が対面する。封切り前に流れていた予告編では、そんな光景が映し出されていた。

とくに予告編の二人が対面するシーン、なんとも切なく胸を打つ映像なのですよ。。。

そう思って観たところ、予告編で想像していた通りの映画であった。
そしてこの二人、お互いのことを想いつつ、でもプラトニックなまま別々の人生を歩んでいくのね。ああ、キュンとするねえ。泣かせるねえ。

いい映画でした。

ただ、個人的な好みを言うと、萌えサムライ映画として比べると同じ藤沢周平原作で昨年公開されていた「隠し剣 鬼の爪」のほうが上だったかな。
あのだらしな系武士・永瀬正敏と、ピュア女中・松たか子のカップルは最高だったよな。僕にとってはやはり、“殿の側室”よりも“女中”のほうが萌え度が高いようである(端的に言えば、人妻よりメイドということだよ)。それに、あっちのラストはハッピーエンドでほんわかとした気持ちになれた。ウン。


切ない映画を見終わってまた一人。少し寒い夜の街をまたとぼとぼと歩いて、マンションに戻る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

ジョゼと虎と魚たち

tsumabuki_chiduru池脇千鶴の乳房があらわになるシーンに、目が皿になる。
ううわわっ、ドキドキだなあ。

あたかも神々しい観音様を拝むかのように、思わず手を合わずにはおられんかった。というと、いささか言い過ぎだけど。


職場の飲み会で、派遣社員の女性と映画についての会話になった。ふだんはクールな彼女が機嫌よく「なかなか面白かったですよ」と紹介してくれたのがこのタイトル。
話を聞いてさっそく地元のビデオレンタル店に足を運び「ジョゼと虎と魚たち」のDVDを借りた。そして3連休の最後の日に部屋で一人、24インチのテレビ画面でこの映画を鑑賞していたわけだけど…。

いやいや。池脇千鶴チャンに、妻夫木聡クン、そして上野樹里チャンといったキャストからいって、もっと若者若者した爽快なストーリーなのかと思っていたのですよ。そしたら予想に反して、かなりエロティックな内容だったのでビックリしちゃったわけ。

tsumazuki_juriまあ、池脇千鶴のヌードを鑑賞できたのは棚からぼたもち的なインパクトだったと言えるかもしれないけど、上野樹里チャンのファーストキッスが妻夫木クンに奪われているのを見るのは、正視しがたいものがありました。あぁ。
そもそも、この時の樹里チャンは16歳くらいなはずでは…こ、これは犯罪だぁ。

ということで、この前「サマータイムマシン・ブルース」で、上野樹里・萌え度、じゃなかった好感度がアップしたのがいっきに急降下。

それにしても、妻夫木クンのエロ度はかなり高い。男として部屋に女性を連れ込んだ時、こんなふうに振る舞うんだよなあというティピカルなモデルを演じていて成功していると思う。

ああ、僕もつくづく、妻夫木聡に生まれたかったよ(なんだか毎度言っているけど)。
そしてこんないい思いをしている妻夫木聡なぞは、逆に僕に生まれ変わって「妻夫木サンって毎週秋葉原に通ってそうですよね!?」とか年下の女性に言われる人生を送ればいいのだ。


って、こんなことをしたためていると、また三河の旧友Rから
「いい社会人なんだからブログに書くことはもう少し考えたほうがいい」
と忠告されそうだな…。

ということで、筆者の名誉のために補足しておきます。このブログはフィクションです。
フィクションね。実在の人物には何ら関係ありませんから!


参考までに映画のストーリーを少し書いておこう。

妻夫木聡演じる大学生・恒夫は、バイト先で客から、毎朝乳母車をひいて街を歩くあやしい老女がいるという話を聞く。乳母車に乗っているのは、歩けないというハンディキャップをもった女の子、くみ子(池脇千鶴)だった。恒夫は、ユーモラスで知的な会話にとみ、負けん気の強いくみ子にひかれていく。一方恒夫の恋人、上野樹里(役名忘れた…)は面白くない——。

そんな話です。

ちなみにDVDのおまけである、コメンタリーつきのほうも視聴してみたら、さすがに池脇千鶴、自分が脱ぐシーンが近づいてくると言葉少なになってきますね。女のコだから当然。妻夫木クンは一生懸命盛り上げようとするんだけど。
というか、よくコメンタリーひきうけたよね。ということで、女優と普通の女のコの狭間で揺れ動く池脇さんを見せてくれるDVDのおまけのコメンタリーは必見です。

ウフッ。


さて話は変わって…。最近の日常のなかにおける気になる発見。

僕は毎日、港区にある会社に通っている。新橋駅から会社まで歩いていく徒歩10分くらいの道のりの途中、ふとある電柱の真ん中あたりについているのを、見つけた。

livedoor_ap_1livedoor wirelessのアクセスポイント。
おお、ついにこんなところまで。

もともと僕は、公衆無線LANサービスはよく使っているほうだと思っていて、原稿を書く際にはホットスポットのエリアになっているお店に入ることが多い。
で、書いているのはIT専門誌に依頼された、無線LANの技術解説記事だったりする。僕は仕事でも、無線LANという技術を担当しているのだ。

そういうことをなりわいとしている人間のカンとしては、当初ライブドアが発表した2,200台程度のアクセスポイントじゃ、想定したように山手線内の80パーセントをカバーするのは無理だろう。かといってアクセスポイントを増やせば安価な月額料金を維持するのは困難だし、そのあたりの舵取りは難しいんじゃないかな。

でもとりあえずこういうのを見ると着実にアクセスポイントが増えているんだなあと実感はできる。がんばっているようですねえ。
他に見たことないけど。

livedoor_ap_2とはいえ場所は日比谷通りから小路に曲がったところの電柱。周りに、とくに腰を落ち着かせられるようなカフェとか、施設はないんだよな。日比谷通りに打とうとしても電柱はないわけだし、とりあえず深く考えずにつけられるところを選んで設置したのかな、という感じを受けてしまう。

かろうじて直線で目視できる範囲のお店として、日比谷通りを挟んで向かい側にVELOCEがあるのを発見。

iStumblerそのVELOCEに入って通りにいちばん近い席に陣取り、どんなSSIDが見えるか手持ちのPowerBook G4でiStumblerを立ち上げて観測してみました。その結果がこの写真です。

まだ電波が飛んでいるだけで、サービスとしては使えるようになっていなかったみたいだけど、いずれ使えるようになるんだろうな。使えるようになったら、試験サービスの期間のうちにいちど試してみることにするか。


そういえばむかし、僕も公衆無線LANサービスに関する本を書いたことがありました。
一応、ホットスポットをテーマにした本としては最初のものでは。そしてついでにいうといまのところ最後でもあるんだけど。

これです。ああ、2年前なのになんだかずいぶん懐かしいよ。

 無線LANホットスポットパーフェクトガイド
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757100825/

| | Comments (127) | TrackBack (0)

October 09, 2005

8月のクリスマス

山崎まさよし、34歳。若い女のコに「おじさん」と呼ばれる。

それを眺めているオレ:33歳独身。「もうおじさんかあ」としばしふさぎ込む。
_| ̄|○

(写真は、goo映画のサイトの画像を表示 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD7448/gallery/p001.html )。


いまは富山県に住むメル友から、地元を舞台にした映画だからぜひご覧あれ、とメッセージを受け取った。それがこの「8月のクリスマス」。

地方の風景を描いた映画は、嫌いではない。というか、最近はその手の邦画のタイトルがかなり好き。
ただこの映画のことは、メールで言われるまでよく認識していなかった。同名の曲を山崎まさよしが歌っているのは知っていたのだけど。
そして映画のサイトを訪れてみて、以前何かを観に行った折りに予告編が流れていたのを思い出す。検索してみると、もともとは韓国の作品で、それを北陸の地方都市を舞台にリメイクしたストーリーのようだ。(インターネットに、この映画のロケに使われた鈴木写真スタジオの紹介がありました)。

天気のよくない10月の3連休の中日、同郷出身の知人と約束して、川崎のチネチッタに足を運んだ。
(観賞後は川崎にある世界の山ちゃんの店舗に足を運ぼうとしたけれど、満席なのでさっくりあきらめベトナム料理レストランで舌鼓を打った)。


ストーリーとか、キャストとかの紹介は映画情報のサイトに譲るとして、この映画から僕が得た教訓は3つほどある。

まず1つめ。
 三十路ともなれば「おじさん」と呼ばれるのは甘受しなければならない。

関めぐみ演じるヒロインに当初からおじさん呼ばわりされ、反論するどころか自分から「おじさんはね…」と語りだす始末を見せる山崎まさよし。
その態度は、たとえば年次的にいっていま新卒で入ってくる女のコにそう呼ばれても文句言えない、潔く受け入れろということを、僕らに示す。

2つめ。
 にもかかわらず、何の前触れもなく若い娘に好かれることが起こりうる。

ここで希望復活。僕の人生にもまだ、そんな恋愛に陥るポテンシャルが残っているかもしれない。ちょっとドキドキ…(脳内妄想爆裂)。

最後に。
 男三十代、志半ばで死んでしまうことも起こりうる。健康に留意し、摂生を心がけよう。

そう。年々、自分史上最大体重を更新している身。実家に帰れば母が「生活習慣病にならないよう気をつけろ」と口をすっぱくして言う。運動不足であることも実感しているし。

健康の問題に限らず、生活の全般において節度を保ち、日々の労働と多少の趣味に身を置いて、静かな日常を送るべきだろう(…ちょうど連休に部屋も掃除したところだし)。そのような日常を心がけていれば、その予期せぬ効果として、映画のように季節外れのクリスマスが巡ってくることもあるかもしれない。

あと他にも、地元に戻って写真館でも営めばモテるのかなあ、とか、観覧車デートってしてみたいよなあ、横浜のやつまだ乗っていないんだよね、とか、いろいろなことを考えたのだけど、概してくだらないのでボツ。


端的に言えばこの「8月のクリスマス」、蓼(タデ)食う虫も好きずきってことを示した、“おじさん萌え”の娘がヒロインの物語と言える気もする…(歳の差恋愛のカップルのデートにはオススメ、かも!?)。

スクリーンには、積極的な恋愛模様が繰り広げられることは決してなく、感情を抑え目に淡々と二人の関係性をスケッチした映像が繰り返される。そんな映像の織りなし方が、これこそがまさに“萌え”だよぉお…というインプレッションにつながってくるんだよね。

萌え。

と、また愚にもつかないことをしたためたけど。原則的に僕のなかでは、一昨年に公開された「解夏」と同じタイプに分類される映画です。
静かで綺麗で、素敵なストーリーです。泣いちゃいます。

三十路の男性は観に行ってください。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 01, 2005

NANA−ナナ

いやあ、若い若い…。

映画館の観衆の年齢層が僕の歳よりかなり低くて、自分がこの空間で一人、浮いているんじゃないかとずっと気になってしまったよ。(ま、「クレヨンしんちゃん」の映画ほどじゃないんだろうけど)。

10月最初の日曜日、映画の日に池袋で鑑賞した映画「NANA−ナナ」。

みんなこの映画を観て、自分の“いま”とリアルに照らし合わせて教訓にできる。そんな人たちなのだ。
そう思うと正直、かなり羨ましく思う。この映画の内容を、たんにフィクションの一つとしてしか楽しめない年代となってしまった僕にとっては——。

たまたま同じフロアでは「蝉しぐれ」を上映していたから、そっちのシアターに入ったらまた違う世代の人たちがいっぱいいたんだろうけどネ。


僕が時折、携帯で暇つぶしにのぞいているサイト、narinari.comで、この映画の好評を伝える記事が掲載されていた。なんでも、観客動員数は絶好調だという。

僕も、なんとなく観たいと思っていたタイトルではあった。なにより、narinari.comの映画評でも絶賛しているように宮崎あおい演じる小松奈々は、ナカナカにカワイイ。予告編を観ただけで、気になってしまう。
といっても現実にいたら、僕が忌避するタイプ(というか、向こうからも近寄ってこない)の女の子ではあるんだけどね。いやだからこそ、こういうスクリーンのこちら側から眺めてみたくなるものだ。

映画の登場人物が評していた“疲れる女”というのは言い得て妙。だから僕も現実にはつきあいたくはないけど(…いやいや、のぞんだとしてもそんな機会巡ってこないよね)。
でもこういうコ、ルックスを眺めている分にはいいよなあ。宮崎あおいが演技しているのを見るのは僕は初めてだと思うけど、その仕草に眼釘付け(ウキウキ)。って、気づけばこれはオヤジ趣味ってやつかいな?

そして…中島美嘉はコワかった。もう一人の主役、大崎ナナを演じる。こういうのも僕は避けて通りたいタイプの女子(…というか、例によって相手から近寄って来た試しはなし)。
演技はけっしてうまいとは思わなかったけど、ただドスの効いた声で叫んだり、ケンカしかけたりするシーン。この辺りは真に迫っていて、演技ではなくこれこそが中島美嘉の“地”なんじゃないかと思ってしまう。

もともとCDのジャケット写真が、髪が長くて水がしたたっていて、“貞子”みたいで不気味に感じていたんだけど。この映画を観てひときわコワさを実感…。ウェーーーン。

という、ティピカルに両極端な女性を組み合わせて、お互いを鏡にそれぞれが織りなす心模様を見せてくれる物語。
似たような設定としては、昨年の下妻物語があるが…。かの作品ほどデフォルメはされておらず、よって観客は等身大の女の子として感情移入もしやすいだろう。あえて僕が語るまでもなく、原作がベストセラーになっているということからわかるように、傑作なのだろうね。


orient映画を観る前に、同じ池袋の、サンシャイン文化会館内にある古代オリエント博物館を訪問する。

うーん、古(いにしえ)の遺物を眺めるのって、やっぱりいいよなあ。しみじみ。

この古代オリエント博物館、僕はずっと前から行きたいと思っていた施設。おそらく大学の時に、博物館関係の書籍か何かにあたっていて、ここの博物館の名を知ったのだと思うけど。
東京で働くようになって10年。折をみて行こう行こうと思いつつ、なんとなくいままで持ち越してしまっていた。これは、僕が住んできた神奈川県から池袋はかなり遠い(埼玉に行くのともうほとんど同じような感覚)、というせいも大きかった。

展示の模様にふと、大学時代、アルバイトやら博物館実習やらに励んだ大学の人類学博物館を彷彿とする。
しかし、かつての博物館ほどコンパクトでなく、かといって上野にある大きな美術館・博物館ほどの規模でもなく、ほどよい感じでまとまったサイズのミュージアムだと思った。

何千年かの時を経て、この現代に遺されたさまざまな器物——。それらを目にして、心が洗われた時間でした。

この秋は、もっと博物館に足を運ぼう、かな。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »