« February 2006 | Main | April 2006 »

March 28, 2006

薔薇の名前

U.エーコーがしたためたことで有名な原作を読み終ぇたので
(その時のブログはこちら
映画のほぅも鑑賞してみた( →_→)

中世を舞台にしたぁの複雑精緻、重厚長大な物語
ぃったぃどぅやって2時間ちょっとの映像に収めるのだろぅと思ったヶど( ・◇・)?
なるほどよくできてぃますね☆


 


この原作に対する僕の読書の仕方ゎ☆
7日間のできごとを眼前に押し寄せるたくさんの文字の羅列として(@_@)
ただただ逐語的に読み進めてぃっただけ(- -;)
だヵら読後にふりヵぇって
ではこの物語の中核をなすエピソードは、伝えるべきテーマはなんだろぅとぃうと( ・◇・)?
とくに自分なりの評価を持たないでぃたo( _ _ )o
海の向こぅの碩学の大家が書いたこの作品☆
押し寄せてきた情報をこなすのが精一杯で
ゎが脳内の壷に漬け込んで熟成させるゅとりができてぃなぃのだ_| ̄|○


そんな思ぃを抱いてDVDを観てみると( →_→)
ぃゃぁ、映像とぃうのゎ、ゎヵりやすくてぃぃね〜( ̄▽ ̄ )
何の努力もせずに世界像が自分のなかに入ってきます!
中世の修道院とぃうのゎこんな具合だったのね、とぃぅ姿を見せてもらえて大ぃに満足♪

#…もっとも、ぃまこの地球上に生きてぃる人の誰一人
#中世ヨオロッパの様子を実際に目にした人ゎぃなぃので
#その満足感が適正なものかゎ誰にもゎからないですが(w

鑑賞し終ゎった時、ぃささかアッサリしている感がしたのゎ
原作を読んだ直後だヵらだろぅ
同じことを別の言葉で言ぅと、ぁの長大な物語ヵら要点を抜き出して
映像として再構成したらこんなふぅになるとぃう
好例を見せてもらった気がした☆
原作のなかから抽出したいくつかの成分を凝縮させ、それを熟成させたら
こんな作品に仕上がる
他人の解釈の井戸をのぞきこむことができ☆ 感心した( ̄▽ ̄ )

映画化としてゎ、成功してぃるといってぃぃのでゎなぃだろうヵ


映画をご覧になったことがなく原作も知らなぃ方に紹介しておくと☆
内容としてゎ中世、北イタリアのぁる修道院を舞台に
図書館に眠る“禁断の書”をめぐって起こされた連続殺人事件を追うミステリー(@_@)
中世版ホームズとぃった役回りの主人公・ウィリアム修道士を
ハゲ中年親父(wのショーン・コネリーが演じてぃる
歴史を舞台にした作品が好きな方にゎオススメ!できると思ぃます(・▽・)/


  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 24, 2006

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

  Dragonquest_1


初めてプレイしたロールプレイングゲームのことを思い出した。スクリーンに広がる大地と、居並ぶ異形のキャラクターたちと、未知の世界に迷い込んで勇者を演じる子供たちの姿に、かつての自分を重ねあわせた。そう、かつてファミリーコンピュータが映し出した幻影の箱庭に、僕の魂はとりこになったんだよね。それはナルニアに迷い込んだベンジー家の子供たちと同じだった。


と、映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」の予告編を見てちょっとワクワクしたので映画館に足を運んだのだけど、観終わった感想としては正直、可もなく不可もなく、といったところだろうか。

映像は素晴らしいけど(…とまた書いて思ったけど、考えれば最近の映画はコンピューターの発達により、どれも映像は素晴らしいよね)、お話としてはちょっとアッサリしている感じ。それは、僕が頭に思い浮かべていたものが、同じファンタジーの大作—すなわち「ロード・オブ・ザ・リング」であったり、「ハリー・ポッター」であったからだろう。それらはたんなる冒険活劇ではなく、時に人の心の闇なども描いていたりして物語に深みを醸し出していたのであるが。そういった底の深さは鑑賞していて感じられない。


ナルニアへの扉は洋館のなかの古びたタンスだったかもしれないが、僕のアレフガルドへの扉は、居間にあった。こたつにこもりつつ眺める14インチのテレビ画面だった。

僕が初めてプレイしたロールプレイングゲームである、ドラゴンクエスト。困難を重ねた旅路の末、竜王の城に辿り着き、長いダンジョンを抜けた後についに宿敵の姿を目にする。しかし、その時竜王は甘いささやきをつぶやくのだ。「 わしは待っておった。そなたのような 若者が現れることを。 もしわしの味方になれば世界の半分をやろう」。ウィンドウに「はい・いいえ」と選択肢が現れた時、思わず僕らは「はい」を選んでAボタンを押してしまった…。

二次元の、粗く色数も限られたドットで構成されてた世界にも関わらず、当時の僕らはブラウン管の向こう側にリアリティを感じていた。そう、竜王の懐柔を受けると、次の瞬間世界は闇に包まれてジ・エンドとなる。冗談きついよ、と歯ぎしりするが後の祭り(ああ、魔女に調略された次男エドマンドのごときですね…)。そこにはプレイヤーの心の弱さを見越した演出があった。箱庭世界に現実の深みを醸し出すには、おそらく映像表現だけに頼っていてはかなわない。


  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »