« 天国の本屋〜恋火 | Main | グッドナイト&グッドラック »

April 30, 2006

ニュー・ワールド

Soba_1大型連休の2日目。朝食に蕎麦をゆでて食べる。

蕎麦をゆでるのは、ささやかながらこの4月に始めた習慣の一つ。僕の生活のけっこうな部分を依存している近所の百円ショップで、ふと蕎麦も売られているのが目についた。昨年末に大きめの鍋も買ったところで、ゆでるのに丁度具合がよい。

ここでたんにゆでるだけでなく、蕎麦を打つ、とまで言えばかなり格好もつくだろう。でも、そこまでの手間をかける意思は全くない。日々の食材の話である。これまではコンビニの弁当コーナーで売られているざる蕎麦を買って食べることがあったけど、自分でゆでることにすれば100円で5食。原価が圧倒的に安い。

この先、僕の朝食の定番メニューとなりそうだ。

ちなみに、竹製のざる蕎麦用盛り皿も同じ百円ショップで調達。ああ、百円ショップの存在は、僕の生活をいかばかりか豊かにしてくれていることであろうか。


暇なので一人映画館に出かけて、「ニュー・ワールド」を見る。

そういえば、このところあまり映画を観ていない。だからこのむびろぐの更新も数えるほどだ。なんでだか、僕にどうしても観ておかなければと思わせるようなタイトルがこの春先は少なかったんだよね。

ゴールデンウィークに突入した今週も、どうもその傾向は変わらない。それでも、映画館の会員カードのポイントがかなりたまっていてタダで1, 2本鑑賞できるくらいあったので、とりあえず足を向けた。


さて、映画の感想なのだが…端的に言ってしまえば、低温体質向け恋愛叙情劇といったところかな。

実は最近(というかだいたいいつもそうなんだけど)わりとテンションは低めで、ゆえに愛だの恋だの素直には受け止められない心持ちになっている僕(ああ、よろしくないですね)。そんななかでうかつにも見てしまった愛のお話であった。ふぁ〜。まあ、一方で歴史時代を舞台にした物語は好みなので、そっちからの興味で観たいと思ったんだけどね。

ポカホンタス、という名前はディズニー映画でアニメ化されたことがあるので、聞いたことはあった。でもそれ以上の知識はない。この映画を観て彼女が数奇な人生を送ったお人であったことはわかった。舞台は17世紀初頭の新大陸、アメリカ開拓時代の初期。原住民の王の娘ポカホンタスとイギリス人入植者ジョン・スミスの間に、種族を越えた愛が花開く。

最初のほうではノロケの場面とかもあったりして、このままこの二人、勝手に盛り上がって行くのかなあ、なんだかどうでもいいなあと思っていた。けれど、予想に反してそれ以上に盛り上がっていくことはなかった。控えめで淡々とした雰囲気のまま、終盤に至ってしまった。これは人によって好みのわかれるところかもしれないけど、それは観ている僕の気分的にとってはちょうどいいくらいの抑え方だった。


ポカホンタス役は新人女優さんらしいのだけど、やや照れ気味で逡巡するようなまなざしをつねに見せていたのが、また初々しくてよかったかなあ。

全編を通して叙情的で、まるで詩のような感覚の映像に満ちていた。登場人物もみんな口数少なく、セリフはまるで独り言をつぶやいているかのようだった。おそらく、この映画の出演者たちはセリフを覚えるのに苦労しなかっただろう。実にリリカルな作品だった。

人によってはかなり、退屈に思うかもしれないけど。


そういえば映画「ニュー・ワールド」といえば、こんな発表もあったナ…。

 シーンに応じて香りが発生、NTT Comが映画「ニューワールド」を香りで演出
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/04/11/11594.html

ふうむ。

|

« 天国の本屋〜恋火 | Main | グッドナイト&グッドラック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュー・ワールド:

« 天国の本屋〜恋火 | Main | グッドナイト&グッドラック »