« フラガール | Main | デスノート the Last name »

October 15, 2006

涙そうそう

暗い劇場のなかで、あちこちからすすり泣く声が聞こえてくる。

家族を失い、長らく苦労をともにして生きてきた兄妹。本当の兄妹ではなく、内心惹かれ合っている二人。その二人に永遠の別れの時がやってきたのだ。あまりに悲しい場面が描かれる。

なるほと、一般的には感極まるところだ。

そんななかにあって僕は考えていた。やばい…何も揺れ動かないよ、俺。

琉球を舞台に、僕の心のライバルである妻夫木聡クンが苦労を背負った好青年を演じ、長澤まさみチャンと共演している映画「涙そうそう」。

既に予告編の段階において「知ってたよ…本当のお兄ちゃんじゃないってこと」(by 長澤まさみが演じる役・カオルのセリフ)と聞かされていたので、二人がそういう事情にあることは観客である僕らにはわかっている。

インセストタブーに阻まれて結婚できないという、シュールに深刻な状況は抱えていないのである。

つまりお互いが本当の兄妹でないことをわかっていて、互いに内心芽生えた思いを意識しているのであれば、最終的には結婚すればいいのである。法的には何の問題もない。家庭の事情をよく知らなかった人は驚くだろうけど、二人が愛し合っていることを理解すれば祝福するだろう。

この二人の幸せな将来を阻む要素はほとんど何もない。

だけど、タイトルからしてどうもハッピーエンドを迎える雰囲気の映画ではない。おそらく二人は結ばれないことが容易に想像できる。本来結ばれて問題ないはずなのに結ばれないとするならば、これはどちらかが死ぬということなのだろう。

では、どちらだ。

途中から、僕の関心はずっとそこにあった。

ストーリーの中盤で、受験生であるカオルが兄を助けるために隠れてアルバイトを始め、彼女の兄が期待をかけるカオルの進学に暗雲が立ちこめるシーンがあった(なんだかO.ヘンリーの「賢者の贈り物」の兄妹版みたいな設定である)。

ここで兄妹が互いを思い遣る献身的な葛藤の結果、カオルがそのまま大学に落ちるのかと思いきや、なんと見事合格してしまった。ありゃりゃ。やっぱりカオルちゃん、頭よかったのね。

しかし物語の展開としていえば、そこそこめでたいできごとの先には、大きな悲劇しかないだろう。なのでもうその先となると、いったいどちらが死ぬのか、ということだけ考えてスクリーンを凝視していた。

そしてその予測は…。


外れた。

そっちのほうが死ぬとは思わなかったよ。ああ、そうなんだ…。

と感極まった観客たちのすすり泣く声が聞こえる劇場のなかで、僕は妙に覚めた面持ちで考えていたのである。

悲しい場面であることは理解できるし、ここで込み上げてくるものがあるほうが、人道にそぐうことも理解できている。理解はできているけど、クールに眺めているわが心は動かない。

まあ心が動かなかったのは、兄役が妻夫木クンだったせいもあるのだろう。僕の心のライバルである彼。その彼が清純なイメージのある長澤まさみチャンと共演するなんて、ちょっと許容できないものがある。例によって、ああ、なんで俺は妻夫木聡に生まれなかったんだ、世の中不公平だ、と思いながら見ていたわけなので、ストーリーに没入できなかったのだ。


心のライバルである妻夫木クンに対して、僕がもし「つきあって」と言われたらつきあってもいいかなあと思っているのが長澤まさみチャン。その彼女なんだが、劇場で出会うのは1年前に鑑賞した「タッチ」以来(この映画のブログ)。その時に比べて格段に芸はうまくなっているような気がした。成長の跡が見られる映画ではあった。

彼女に関して言うと見所は、平良とみサンと共演する場面が用意されているところかもしれない。平良とみサンといえば、国仲涼子が主演したNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」の“おばぁ”としてブレイクして以来、琉球を舞台にした本格ドラマでは外せない存在となっている。

今回も、身寄りを失った二人を育てたのが“おばぁ”という設定であるからして、配役としてそこに持ってこざるを得ない。というかもしそこに彼女が据えられていなければまさに画竜点睛を欠く。“クリープを入れないコーヒーと同じ”だったといえよう。重鎮である。

琉球の海を前に、デビューそこそこ、演技力も途上の若きヒロインと、1942年から芝居を続けている大御所が並んで映る。いやあ、なんとも渋いシーンですねえ。結局、これを見られるだけでもこの映画は価値があるのかもしれない。


  

 

|

« フラガール | Main | デスノート the Last name »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 涙そうそう:

« フラガール | Main | デスノート the Last name »