« レディ・イン・ザ・ウォーター | Main | 涙そうそう »

October 07, 2006

フラガール

どこかの深夜番組で、ふだんは口の悪いイメージのある映画監督の井筒和幸さんが鑑賞して“完璧な映画”と称していた。それの番組を見て、観に行こうと思ったのだった。

映画「フラガール」。

テレビで見た井筒監督の意見以外にも、友人たちからも既に「面白かった」という声を聞いていた。有名人も、身近な人も口を揃えるということは、本当にそうなのだろう。そう思いつつ映画館に足を向けたのであった。


ジーン。これはやばい…涙が出てきそうだよ。映画の終盤、真っ暗な空間で周囲からはすすり泣きが聞こえる。

内容としては、女子部活モノの変奏といった感じのストーリー。この女子部活モノというのはたったいま僕が考えた造語なんだけど、「スウィングガールズ」とか「シムソンズ」とかがそれにあたる。“普通”の女の子たちが何らかのきっかけである行為(吹奏楽とかカーリングとか)に目覚め、いろいろ紆余曲折があるんだけど、艱難辛苦を乗り越えた結果最終的には勝負に勝ったりコンテストで優勝したりする、というものだ。


 


その延長線上にある映画といえるんだけど、今回は学校という枠を飛び出して一つの地域社会が舞台であり、たんなる趣味の課外活動ではなくそこに暮らす人々の生活のかかった問題を描いているので、その点ではたんなる部活モノとは違う。しかも実話をベースにしているみたいでもあるし。それらが渾然一体となってついつい感情移入してそして感極まるところにつながってくるんだろうナ。でも骨子となるストーリー展開自体は、やっぱり部活モノなのだった。

まあ、悲劇というわけではない。だから人がたくさん死んだり、とんでもない不幸や貧乏が描かれたり、切羽詰まった結果非情な決断を下すようなお話ではない。基本的にはハッピーエンドな映画。それでいてじわじわとした感動が込み上げてくることに僕としては潔しとしないものがあったのだけど、結局仕掛人たちの術策にはまってしまったわけで、それはやはり井筒監督の言う通り“完璧な映画”ということなのだろう。


それにしても、邦画が復権していろいろなテーマ、様々な舞台設定で映画が作られるようになったんだね、という思いをまた強くした作品ではあった。

松雪泰子と、蒼井優が二大キャストで、元キャンディーズのしずちゃん(…って誰だ?)が出てくるところあたりがスパイス。個人的には田舎もんのあんちゃんを演じる豊悦の姿に注目してしまった。今回は炭坑夫なんだけど、「日本沈没」の田所博士の姿がついつい想像されてしまって、まあ妙な気分がしたというのが正直なところか。


 


ここから先は、例によって僕の日常生活の記録を記しておく。

体育の日の3連休明けの火曜日。中日ドラゴンズが優勝した。


Tokyodome_1その時、何を隠そう僕は、東京ドームで飛び交う紙テープのなか、落合監督の胴上げを眺めてた。優勝が決まるその場にいられるなんて、つくづく愛知県出身者として冥利に尽きるわい、と思いながら…。


前の週、職場の名古屋出身の先輩から「来週のドームのチケットとろうとしてるんだど、おおみずも来る?」と訊かれたので「ウン」と頷づいた。その後ドラゴンズがちょうどよい具合に試合に勝ったり負けたりして、気づけばなんと観戦に行くその日勝てば優勝ということに。期待感を胸に抱きつつ、東京ドームに向かったのであった。


その日の試合の経過について印象を記すなら、ただただ長かった。最初3点リードしていたのが途中同点に追いつかれ、あとはドアラのバク転もむなしく膠着状態。そのまま延長戦に流れ込み、やきもきとした時間が続く。気づけば10時を回っていた。

それがラスト12回の表で一死満塁。そして、そのままウッズ選手の満塁ホームランで逆転! 6点とってあとは流れ込むように優勝の瞬間に至ったのであった。本拠地最終戦をこんな結果で迎えてしまったジャイアンツファンには大変気の毒であっただろうけど…。


より詳しく試合の内容を伝えたいところだけど、僕はプロ野球の試合を伝える語彙や文法を持たないので、当日の中日スポーツのWebサイトの記事から引用しておく。


 巨人−中日最終戦(中日16勝6敗、18時、東京ドーム、41125人)

 中 日 000 300 000 006−9
 巨 人 000 100 200 000−3
  (延長12回)
 ▽勝 岩瀬55試合2勝2敗40S
 ▽敗 高橋尚35試合2勝6敗15S
 ▽本塁打 ウッズ46号(3)(姜建銘)47号(4)(高橋尚)二岡25号(1)(川上)高橋由15号(1)(川上)小久保19号(1)(川上)


Tokyodome_2それにしても、ドラゴンズの優勝の瞬間に立ち会うなんて、おそらく一生に一度のできごと。愛知県に住んでいたってあることじゃあない。

まさにかけがえのない貴重な体験であり、その幸運がめぐってきたことには素直に感謝しているのであった。つくづく、冥利に尽きますなあ。

|

« レディ・イン・ザ・ウォーター | Main | 涙そうそう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フラガール:

« レディ・イン・ザ・ウォーター | Main | 涙そうそう »