« 手紙 | Main | 007/カジノ・ロワイヤル »

November 19, 2006

地下鉄(メトロ)に乗って

総理大臣が細川護煕さんの時だったから、1993年から94年にかけての話だったと思われる。

小学館の漫画週刊誌ビックコミックスピリッツにおいて、ホイチョイ・プロダクションズによって手がけられている連載「気まぐれコンセプト」。そこにこんな話があったのを記憶している。

乗り換えの複雑な東京の地下鉄。実はその乗り換えのルートを間違えると、異空間に紛れ込み過去にタイムスリップしてしまうのである。そして一人の男が10年前の東京に戻ってしまう。バブルただなかの東京。そこで「10年後から来た」と告白する。「まさか。そんな話信じられるか」「じゃあ10年後の総理大臣は誰だ」。

「日本新党の細川護煕です」。「ナニ、細川なんて政治家知らないぞ」。「だいたい日本新党なんてSFみたいな政党があるか」…。

開いたページを見ながら、いやたしかに10年前に戻って総理大臣の名前言っても、誰も信じないだろうなあとその時思った。それで印象に残っているのだった。バブル経済が崩壊し、自民党が野党になり、ソ連はなくなってしまうという、世の中が変化ばかりだった時のお話である。


地下鉄(メトロ)に乗って」を観た。ある日、地下鉄の階段を上がると、そこは東京オリンピック開催に湧く東京の下町だった、という設定の物語だ。

主人公の真次を堤真一さん(真一なのに真次なのだ!?)が演じ、その同僚で不倫相手のみち子を岡本綾さんが演じる。で、岡本綾ってなんだかしっとり感が漂っていていいのう、とスクリーンの向こうのその表情にひきこまれてしまう。

岡本綾といえば、かつてNHKの連続テレビ小説「オードリー」の主役を演じて一躍メジャーになった。とはいえ、その後は僕が見た映画では「あずみ」とか、あるいはJAのポスターくらいで拝見していたくらいで、その活躍の姿を見ることはなかった。正直、あんまりぱっとしていないのかなあと思っていたけど、この「地下鉄(メトロ)に乗って」で再会したら、なかなかいいオンナになっているではないか。

しかしそのみち子が思わぬ形で存在を消してしまうのにビックリした。だって、その直前まで「私、のぞまれて生まれてきた…」ってうるうる感動していたじゃん!

まあ、ストーリーにつきあっていると途中で真次とみち子の二人の真の関係が明らかになる。といっても劇中でそのことが示される前に、観客にはなんとなくわかってくるように仕込まれているのだが。そして、はっきりと示された次に、こういうオチを持ってくるとはねえ。予告編でも切り取られていたカットの後に続くのが、こんな展開だったとは。全く予想だにせんかったというのが正直なところ。

現実的に考えれば、そのまま修羅の道を進むのか、あるいは冷静になって別の生き方を選択するのか、どっちでもいいけど、生きればいいじゃん、と思うのだけど。まあ、そういうストーリー映画なのだからしかたがないか。そもそもがファンタジー映画なのである。


それにしても、藤子・F・不二雄の偉大さというものを感じざるを得ない映画ではあったよ。

タイムスリップは現実には起こりえないことだ。そういうリアリティのないものは、以前は一般の小説や映画で描かれることはなかった。その手の奇想天外を軸に据えて展開するストーリーがあれば、それはSFという範疇のなかに入れられ、マニアックな読者が楽しむものとみなされていたのである。

たとえば筒井康隆さんの「時をかける少女」というジュブナイルがある。この小説自体は、タイムスリップというSF的設定が中核に据えられているが、それをのぞけば青春のなかの切ない想いの描写に優れた小説だ。しかし、SF作家が執筆している以上、SFという枠のなかでのみ語られてきた。最も好意的に表現しても、SFジュブナイルという看板がつくのがオチだ。

もちろんSFはSFで非常に奥が深いジャンルであり、僕が大好きな文学の分野の一つだ。

しかしSF的な設定は、以前は明確に一般の文学や映画とわかれていた。それが徐々にその枠を超えて浸透してきたのだ。いつの頃からだったのだろうか。


僕が明確に記憶しているのは、いまから16年前の作品だ。

大江健三郎さんの「治療塔」である。この小説は近未来の世界を舞台にして、選ばれたエリートたちが荒廃したこの星を捨て“新しい地球”に旅立った後の、残された人々を主人公にした物語だった。

芥川賞を受賞し、ノーベル文学賞候補とも目されていた作家である。その本人があたかもSFであるかのような、いやその表紙にははっきりと“近未来SF”と銘打たれていたわけだから、少なくとも自称ではSF小説そのものを書いたのである。

といっても、僕には同書はSFと銘打っていても科学考証は一切なく、あくまでSF的な設定だけを借りたファンタジーに近いものだと思ったのだけど、有名作家がSFを執筆したということで、その事実自体は当時少なからずインパクトを持って受け止められた。

つまり、SF作家以外がSF的作品を書くというのは、16年前はまだ一般的な行為ではなく、新鮮さを持って受け止められたものだったのだ

地下鉄(メトロ)に乗って」も、SF的なスタイルを一時的に借りた一般小説ということで「治療塔」の系譜の延長線上にあるといえる。原作を執筆した浅田次郎さんは、その温かみのある人物描写で独自の世界を開拓してきた、大衆小説の作家だ。

そんな小説家がSF的な設定で小説を書いていても、誰もキワモノだとか、いっとき道を外したとか言われない。大江健三郎さんの前例に続いているからにほかならない。


いまやSF的設定が、SFの専売特許ではなくなっている。もっと言うと、これは「ドラえもん」の功績ではないだろうか。

「ドラえもん」を見ればのび太の部屋の机の引き出しや畳の裏は四次元空間とつながり、そこからタイムマシンで過去に遡れたり、あるいは宇宙の彼方の未知の惑星と行き来することが可能だった。凶悪な宇宙人が侵略基地を作るのはジャイアンの家の屋根裏であり、偶然掘り出した首長竜の卵を孵化させて育てるのはのび太の家の押し入れだった。

「ドラえもん」の革命性は、日常空間がSF的世界に直結していたことだ。いや、本来なら主になるはずのSF的世界があくまで日常の範疇から飛び出すことがない。それまでの小説や映画にはありえない、オリジナルの物語世界を構築していた。


藤子・F・不二雄原作のそのアニメに親しんで育った子供たちが、年を重ね、大人になった。そのことはすなわち、あの複雑な東京の地下鉄に乗ると、もしかするとタイムスリップができるかもしれない。そういう設定を自然に受け入れられる環境が整っていたということなのだ。

…そういえば「ドラえもん」にはのび太が、小さい頃に死んでしまった懐かしいおばあちゃんにタイムマシンで会いに行く、という回があったよなあ。

現在を生き直すために、過去に立ち返る。基本的にはこの映画もよく似た話だといえる。ただ過去にさかのぼっていいことばかりあるわけじゃなく、知らなくてもよかった背徳の事実が明らかになるというのが、ちょっと大人向きの設定だったということかな。


「ドラえもん」では、さすがに近親相姦は描けまいて。


 

|

« 手紙 | Main | 007/カジノ・ロワイヤル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地下鉄(メトロ)に乗って:

« 手紙 | Main | 007/カジノ・ロワイヤル »