« 地下鉄(メトロ)に乗って | Main | 大奥 »

January 01, 2007

007/カジノ・ロワイヤル

Komurazumijinja_12006年の大みそかの夜。

帰省して実家の居間で見ていた「紅白歌合戦」がエンディングとなって画面は一転、静かに「行く年来る年」の放映が始まった。家の外では、少し前から除夜の鐘の音が響いていた。居間の時計は日付が元旦に変わったことを示している。

両親が村の神社に初詣に行くというので、久々に同行するのもよいかと思い、厚着して冬の夜道をついて行った。


まずは実家が檀家となっているお寺で除夜の鐘を突く。

ここの除夜の鐘は、突いたら足元に置かれている飴を手にして鐘撞き堂を下りることになっていた。飴の数が108個あるらしい。しかし、見たところ飴をとっていっていない参拝客が続出。するとここのお寺の鐘の回数は…むむむ。


Komurazumijinja_2そのまま歩いて、小学校の裏にある神社に向かう。

既に町内の人が多数やってきてにぎわっている。境内ではかがり火が炊かれ、そばを通るとアッチッチ、かなり熱いな。行列の後ろについて本殿に進み、賽銭を投げ込む。続いて二礼二拍手、一礼…が、神道の作法ということでよかったかな?

その後、周囲でふるまわれていたお神酒と甘酒をそれぞれいただく。再び夜道を歩いて帰宅。

そして床に就いた。飼っている猫がニャアといいながら布団に入ってくる。この猫もわしが大学生の頃に飼い始めて、今年で14歳になるはずだ。もう相当いい歳だよなあ。


翌日は、平和な寝正月。

お雑煮を食べたり、すき焼きが出てきたり、たまの帰省なので食事はちょっと贅沢かもしれない。畳の上で寝転がるか、本を読むか、TVを眺めるか、持ってきたPowerBookでインターネットにアクセスするかして一日を過ごす。

こう書いてみると、ふだん一人暮らしの部屋での時間の潰し方となんら変わらないな…。そうそう、昼食後は久々に地域を歩いてみようと、近所を一人散策したか。

やがて日は暮れた。

晩御飯を食べた後一人映画を観に出かける。隣の隣の町のジャスコに併設された映画
館が、年中無休で当然このお正月の間も上映しているのだ。物理的な距離としてはややあるんだけど、車社会のこの地域で、僕も車で帰省しているからさほど関係ないのであった。


2007年に最初に鑑賞した映画は、「007/カジノ・ロワイヤル」であった。

実は僕は007シリーズの映画は初めて。そしてポーカーのルールや、その醍醐味というのもあまりわかっていないのであった。しかしテロリストの一味とMI6のスパイが同じテーブルを囲んで、国家予算を糧にギャンブルに興じているというのはなかなかに面白いシチュエーションであろう。

そういえば、Wikipediaの説明によると、この作品は新007シリーズの1作目という位置づけなのね。なるほど、ポスト冷戦時代に生まれ変わったボンドの007シリーズか。


で、ストーリーの展開もさることながら、もっぱら僕のまなざしは(他の多くの観客もきっとそうだろうけど)ボンドガールであるエヴァ・グリーンの美貌に釘付け。

これが邦画作品だと出演する美男美女たちについつい嫉妬を感じいちゃもんをつけてしまう僕であるが、さすがにエヴァ・グリーンとボンド役のダニエル・クレイグのカップルはあまりに雲の上の存在過ぎて、その完璧には文句のつけようがなく、ただただ空いた口が塞がらない。だらー。

エヴァ・グリーン演じるヴィスパーなる女性が、英国財務省の女性職員で、かなり知性があってお固いキャラで、でも徐々に心を開いていくというのが、うーむ、なんとも男心をそそる設定だよね。うひうひうひひ…いやいや。

それにしてもエヴァ・グリーンの美貌だけでなく、ダニエル・クレイグの肉体も見事なことよ。メタボリック症候群にはまりかけた身の上には、それは嫌み以外の何者でもないのであった。ふぁあ。とほほ。


そんな完璧な肉体の彼が劇中、素っ裸にされ、椅子に縛られて拷問を受けるシーンがある。拷問の詳細の説明は避けるが…あれはひどい。男性諸氏は激痛を想像し、それぞれの股の下にむずがゆさを感じていたことであろう。

でも、拷問にも関わらず彼の男性機能は失われることもなく(同情の必要はなかったか)、悪役は都合よく銃殺され、そしてエヴァ・グリーンとめでたくベッドインするのであった。はぁぁぁ。その、あまりにかけはなれた筋肉と美貌の絡み合いに、ただただスクリーンを眺めるだけの自分がいたのであった。

もう、勝手にちちくりあってくれ。


そのようにして過ぎる2007年の正月であるよ。


 

|

« 地下鉄(メトロ)に乗って | Main | 大奥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 007/カジノ・ロワイヤル:

« 地下鉄(メトロ)に乗って | Main | 大奥 »