« November 2006 | Main | February 2007 »

January 21, 2007

硫黄島からの手紙

まわりで「よかった」という声が多かったので、「硫黄島からの手紙」を観に行く。


ここ数年、近現代史の本をよく読み、アジアにおける第二次世界大戦前後の歴史にも興味を抱いている僕だけど、戦争をテーマにした映画というのは、実はあまり好きではない。

それは日本が敗れた戦(いくさ)であるから悲惨、ということもあるけれど、本を読めば読むほど、あの戦争には多様な側面があったということを実感するからだ。勝者の視点、敗者の視点。加害者の視点、被害者の視点。祖父やその兄弟も出征したというあの戦争のことを、僕はとても一言では言い表せない。

しかし映像化という試みには、そこにある数多くの断片を集めて再構成し、ストーリーに仕立て上げる。それは起こったことを一つの解釈にそって観客の前に提示する行為である。そうでなければ映像作品にはならないのだから、それ自体はまったく必要なことだ。

しかし一つの解釈のもとに編み上げられるということは、そこで切り捨てられているものがある、ということの裏表である。その切り捨てられたもののなかに何があるのだろう、そこにも実は大切なものがあったんじゃないか、と僕は思う。


とはいえストーリーとして組み立て、映像化というわかりやすい手段を選ばなければ、その歴史的事件そのものが知られずに沈んでいく。そういうことを考えると、これはこれで意味あることなのだろう。

もっとも現実にその時代を生きた人からすれば、おまえはいったい何を知っているのかということになるだろう。いかに知識として仕入れたって、先人たちが生きて実感したことを理解するのは難しい。だからなんだかんだ言っても、生半可さということではたいして変わらないのかもしれない。


さて、この「硫黄島からの手紙」が評判になっているのは、既にあちこちで言われていることだろうけど、米国映画にもかかわらず、日本の立場から戦場を描いたからだろう。

勝者と敗者という立場で明確に分断されたものが、60年という歳月を経てかつての勝者のなかに、かつての敗者の内側の視点を取り込む土壌が出てきた、ということか。

米国映画なので、日本の映画やテレビにおける日本軍の描き方とちょっと違うなあ、と思うところがあった。そもそも日本で製作される作品は、あの戦争への反省の思いが強いせいか、軍部の高級将校はよい描かれ方をされることが少ない。ささやかな生活への希望を赤紙によって絶たれた善なる一兵卒に対して、軍の幹部はそうした兵のことを思わず不条理な作戦を決行する人物として描かれることが多い。

それを、司令官を主役の一人に持ってきて、しかもその人物が高潔な合理主義者だったという設定をしたところに、日本のステレオタイプにとらわれない、米国製作ならではと感じる。善なる一兵卒というもう一人の主役はやはり出てくるんだけど、その一兵卒と司令官の交流という話の作り方が、なんとなく舶来ものっぽいんだよね。

おまけにその司令官、渡辺謙演じる栗林中将なんだけど、やたら部下の体にボディタッチする。これも米国っぽいなあと思った。よろしく、ポンポンって感じである。日本の作品を見ていてそういう軍人はあまり見たことない。日常的なふるまいとして昭和前期の日本にそんな行為が浸透していたのか疑問である。こういう描写はやっぱり米国映画のゆえかな、と思ってしまった。

まあ、それにしてもかつての敵国の立場を認め尊重し、そこから見た戦争というものを描いたという点で秀逸な映画であることは間違いない。


ここで僕が思い出したのは、米国の学者がかつて著した1冊の本だった。そのタイトルは、「容赦なき戦争」。

後に日米合作の戦後という観点で占領期をみつめた「敗北を抱きしめて」という本で有名になる、ジョン・ダワーさんが80年代にしたためた本だ。

この書は米国と日本、それぞれの国における当時の人種偏見について論じた本だ。あの時代、米国は日本人を「黄色いサル」とみなし、日本は敵国を「鬼畜米英」と呼んだ。お互いの相手を人間ではないものと定義し、翻って自らは文明化された高潔な民族だとしていた。

それをそれぞれの陣営が製作した膨大なプロバガンダや記事、漫画、映画などから詳らかに明らかにしたのが「容赦なき戦争」なのである。

その書は、勝者と敗者として規定された絶対性を、相対化を試みたものだった。今回の映画もまた、そうした視座と同一線上にあるものだといえるだろう。専門書という形をとった研究者の問題提起から、映画という大衆作品として現れるまでに約20年の時を経たわけだけど。

あと、「容赦なき戦争」は勝者の側にも偏見があったという、ネガティブな側面に注目した書であるのに対し、「硫黄島からの手紙」は、敗者の側にも守らなければいけないものがあったという、言ってみればポジティブなものを強調した作品という違いはある。


あと補足しておくと、映画では、かつて「青の炎」で若いながらも好演していた二宮和也クンが善良なる一兵卒を演じ、今回もなかなかたいしたもんだという感想を抱かせてくれた。

また、鑑賞し終わってから今回の二部作の片方、米国側の視点で描いた「父親たちの星条旗」もがぜん見たくなった。そこでレンタルショップでちょっと探したけど、まだDVD出てないのね…。

というわけで「父親たちの星条旗」、DVD化されたらぜひ観なければ、と思っている。

冒頭になんだかんだ書いたけど、観終わってそう思っているあたり、クリント・イーストウッド監督の術策に僕もすっかりはまってしまったということか。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2007

王の男

お正月休みが終わってしまった。

悲しい。


最近思うのだけど、僕は年末年始のシーズンがけっこう好きなのだろう。その時期、僕の周囲で迎えそして過ぎ去って行く諸々のことをいとおしく思う。

クリスマスが何の成果もなく終わり、職場は徐々に仕事納めモードに入り、でも自分の仕事は全く片付かず、こんなんで年末が迎えられるのかなあと思いながら働いている。でも仕事納めの日にはもういいやとすっかり投げやりになり年末休暇に突入する。

僕はクルマで東名を走り、実家に帰る。そして居間のコタツでごろごろだらだらと過ごしたり、友人と会って飲みにいったりする。大みそかの定番である紅白歌合戦が始まり、といって熱心にテレビ画面を眺めるでもなく、ただ小林幸子の衣装だけは確認したりしていると、いつの間にかエンディングを迎えてゆく年くる年が始まるのである。

そういう、マンネリとした時間の過ぎ方が、たまらないと思う。

しかしそんな正月が明けて休みも終盤にさしかかった頃。

僕は帰省を終えて、横浜のマンションに戻ってきた。そして、ついに11連休の最後の日を迎えるに至った。

暇だから、映画でも観に行くか…。

そうやって休暇の最終日の夜に鑑賞した映画は、韓国映画「王の男」。少し前に予告編を観ていて、はたして面白いのかなあ? と思って選んだタイトルだった。

結論としては、なかなかの傑作だったといえよう。


僕は歴史を舞台にした映画はわりと好んで観るのだけど、韓国の歴史時代モノというのは、もしかすると初めてかもしれない。ふだん目にすることができない、韓国の過去の民衆の衣装や生活、そして宮廷模様などを伺うことができて、スクリーンを眺めていてなかなか楽しかった。

もちろんストーリーとしても面白かった。

根無し草のように生きて都に辿り着いた芸人たち(主人公と女形の相棒)が、ひょんなことで王に雇われる。ところがその王が屈折した性格の持ち主。とんでもない暴君だった。相棒と自由を奪われた主人公は、命をかけて王様と対峙する——。

ということで、この作品はいわば歴史を舞台にしたヒューマンドラマということができる。


ところで本作の王様、その性格が歪んでしまった原因は、宮廷内の陰謀によって母親が殺害されてしまったことがきっかけらしい。

むむ!? 陰謀で妃が殺害されてしまうって、どこかで観たよなあ、と思った。そう、これはNHKで放映されていた韓流ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の出だしのシーンで描かれていたことと同じではないか。

そう思って少し調べてみると、王様は実際の歴史上の人物がモデルで、「王の男」も「宮廷女官チャングムの誓い」も同一の方なのですね。その名は、燕山君。なるほどね。

ということで、ほんの少し韓国史の勉強になった映画でありました。


ああ、早く来年のお正月が来ないかなあ。

いや、必ずしもお正月でなくてもよい。まずはゴールデンウィークか、そして次には夏休みがある。その後が年末年始だ。

最初のゴールデンウィークまで、あと3ヵ月半か。いやはや、ちょぉっと先ですよね。ああ、それまで何を張りに生活すればいいのだろう。

ということで、休み明けからしばらくの期間、いささか鬱な気分を抱いたまま会社に通っているワタクシであった。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2007

大奥

歴史好きの僕は、NHKの大河ドラマをしばしば通年で観る。

もちろん観ない年もある。だいたい1月が分岐点で、初めの時点の数回を見続けるかどうかにかかっている。そこを見逃すともう登場人物とか、設定がよくわからないから観ない。

その後は外出する時などに、ビデオをセットし忘れることがなかったり、あるいは土曜にある再放送を逃さずに見られるか、というのにかかっているのであった。途中、そういうトラブルが重なるとストーリーが理解できなくなって、それで観るのを止めてしまう。

そう。これまではそんな具合だった。しかし3年ほど前にHDDレコーダーを購入して変わった。HDDレコーダーの機能で録画予約にセットしておくと、容量オーバーにならない限り確実に録画されている。というわけで、観なくなる理由はなくなる。

だから昨年の、司馬遼太郎氏原作、仲間由紀恵さん主演で山内一豊妻の生涯を描いた「功名が辻」はぶじ通年見通すことができた。まあ、観るのを習慣にしてしまえば大河はそこそこ楽しいものではある。


しかしながら、その「功名が辻」、話としては悪くないんだけど、回を重ね終盤にさしかかるに至って僕の頭には一つの疑問が頭をもたげてきたのであった。

つまりそれは、こういうことだ。

「なぜ仲間由紀恵演じる千代は、年をとらないんだ?」


そう、上川隆也さん演じる山内一豊をはじめ、周囲のキャラはみんな齢を重ねていった。しかし、仲間さんはとっくにばあさんになっているはずなのに、いつまでも登場当初と変わらぬ姿のままだった。あたかも永遠の20代である。

大河ドラマは、民放の時代劇に比べると歴史交渉はしっかりしていると思うのだが、なぜかこういう基本的なところでの嘘は通ってしまう。

ふりかえれば「武田信玄」で、中井貴一さん演じる武田信玄が、とうに出家しているはずなのに最後まで坊主頭にならなかった。「おいおい、出家しなきゃ信玄じゃなくて武田晴信のままだろー」と思ったわけだが、今回もそれと同じようなもんだろうか。あるいは、「独眼竜政宗」で岩下志麻さんに伊達家に輿入れする10代の姫の役をさせたこともあったので、その逆をやっているだけとも言える(ちょっと違う?)。

むむむ…。


 


さて2007年、2本目に観た映画は、「大奥」であった。

地元の旧友Rと久々に会って地域の天神さんに初詣に出かけ、その後市内の赤から鍋で晩餐をとって映画館に向かったのである。


この大奥、フジテレビ系列で好評を博したドラマシリーズの映画化なのである。ドラマは何編か作られていて、作品ごとに設定や主演が違う。そして映画化にあたっても新たな出演者が起用されていた。映画化作品の主演は、仲間由紀恵さん。

このキャストを知って、「もしかして演技が「功名が辻」そのまんまじゃねーの?」と思ってしまった興味を抱いたのは、僕だけではない、はずだ、たぶん。はたして仲間さんの演技はいかに?

と。彼女の演技力についての評価を述べるのはひとまず控えておくことにしよう。

個人的に、それについて述べるのは映画「武士の一分」を鑑賞してからとしたい。

この時期、同作品でキムタクこと木村拓哉さんがちゃんと侍を演じることができているのか、も気になっていることなのだ。こちらはいまのところ期待も失望もしていないけど。

ただ言えることは、仲間由紀恵さんの時代劇と、木村拓哉さんの時代劇、僕にとってはどちらも同じレベルのできごとのように思える。それだけは確かである。

どちらも、この目で確かめなければ…。


 


補足として、歴史的な事実について述べておく。

この映画のモデルになったのは、有名な「江島生島事件」である。これは、七代将軍家継の治世、正徳年間に起こった事件だ。大奥取締・江島(絵島)と歌舞伎役者・生島新五郎が情を通じたとして、両名とその関係者が罰せられるとともに、それをきっかけに大奥の風紀が粛正されるに至った事件である。

インターネット上のフリー百科事典Wikipediaにも「江島生島事件」の記述があるので、ご覧になるとよいだろう。この記述にあるように、たんに江島と新五郎の関係のみならず、その背景には前将軍家宣の正室・天英院と、現将軍家継の生母・月光院の勢力争いがあったとされている。映画はこのよく知られた事件をもとに(まさに大奥の素材にするには、うってつけのストーリーだ)、大幅な脚色を加えてフィクションとしたものである。

ちなみに歴史上の江島は1681年生まれで、この事件が起きたのは1714年だから、年齢としては33歳(数えでは34歳か?)ということになる。映画での仲間さんの役の設定よりは、少し年上ということになる。


映画を観終わって帰宅したところ、実家の居間のテレビの液晶にはテレビ愛知(テレビ東京系列)で放映の新春ワイド時代劇「忠臣蔵 遥泉院の陰謀」が映し出されていた。

今回のこの忠臣蔵作品、浅野内匠頭の遺された妻である遥泉院の視点で描かれているのが新機軸たるところ。よって、大石内蔵助の討入りの後に何があったのかもドラマのストーリーにしていた。

画面を眺めていると、五代将軍・徳川綱吉の養子となる甲府藩主・徳川綱豊の正室として、煕子が登場してきた。おお、天英院じゃありませんか。

しかも、その側室がお喜代の方。四十七士の名誉回復と浅野家再興を目的として、遥泉院と内蔵助が密かに画策して甲府徳川家に輿入れさせていた女性だという。そのお喜代は綱豊の子を産む。綱豊は後の六代将軍・家宣。そしてその子は家継である—。

おおお、月光院じゃんか。えっ? 月光院ってまさか浅野家の関係者なの??

…と思って調べてみると、なるほどそういう説が実際にあるんですね。寡聞にして初耳…ふむ。


おまけにこのドラマ、徳川綱吉を津川雅彦が演じていた。

津川雅彦の綱吉役といえば1995年のNHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」と同じではないか。と、これも調べればかつての大河ドラマもこの「遥泉院の陰謀」もどちらもジェームズ三木さんが脚本をしているじゃんか。

なんだ。

振り返れば「八代将軍吉宗」は、抜群に面白い大河ドラマだったよなあ。

その劇中でも描かれていたけど、御三家のうち紀州藩主の吉宗が八代将軍に選ばられるにあたっては、天英院の意向というのが強く働いているんだよな。うん。そこにも家継の生母である月光院派との勢力争いがあったともされている。

さらに大河ドラマについて言うと、その物語世界では吉宗月光院が懇ろな仲になるという展開が用意されていた。たしか吉宗月光院を妻にしたいと言い出し、天英院にたしなめられるというシーンがあった。

いやはや、かたや映画では側用人・間部詮房と不義の恋に落ち、かたや別のドラマではわが子の次代将軍の吉宗と許されざる関係になる。月光院さんは大忙しですね。

誰も、その現場を見たわけじゃないのにね。


 


そのようにして過ぎる2007年の正月であるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

007/カジノ・ロワイヤル

Komurazumijinja_12006年の大みそかの夜。

帰省して実家の居間で見ていた「紅白歌合戦」がエンディングとなって画面は一転、静かに「行く年来る年」の放映が始まった。家の外では、少し前から除夜の鐘の音が響いていた。居間の時計は日付が元旦に変わったことを示している。

両親が村の神社に初詣に行くというので、久々に同行するのもよいかと思い、厚着して冬の夜道をついて行った。


まずは実家が檀家となっているお寺で除夜の鐘を突く。

ここの除夜の鐘は、突いたら足元に置かれている飴を手にして鐘撞き堂を下りることになっていた。飴の数が108個あるらしい。しかし、見たところ飴をとっていっていない参拝客が続出。するとここのお寺の鐘の回数は…むむむ。


Komurazumijinja_2そのまま歩いて、小学校の裏にある神社に向かう。

既に町内の人が多数やってきてにぎわっている。境内ではかがり火が炊かれ、そばを通るとアッチッチ、かなり熱いな。行列の後ろについて本殿に進み、賽銭を投げ込む。続いて二礼二拍手、一礼…が、神道の作法ということでよかったかな?

その後、周囲でふるまわれていたお神酒と甘酒をそれぞれいただく。再び夜道を歩いて帰宅。

そして床に就いた。飼っている猫がニャアといいながら布団に入ってくる。この猫もわしが大学生の頃に飼い始めて、今年で14歳になるはずだ。もう相当いい歳だよなあ。


翌日は、平和な寝正月。

お雑煮を食べたり、すき焼きが出てきたり、たまの帰省なので食事はちょっと贅沢かもしれない。畳の上で寝転がるか、本を読むか、TVを眺めるか、持ってきたPowerBookでインターネットにアクセスするかして一日を過ごす。

こう書いてみると、ふだん一人暮らしの部屋での時間の潰し方となんら変わらないな…。そうそう、昼食後は久々に地域を歩いてみようと、近所を一人散策したか。

やがて日は暮れた。

晩御飯を食べた後一人映画を観に出かける。隣の隣の町のジャスコに併設された映画
館が、年中無休で当然このお正月の間も上映しているのだ。物理的な距離としてはややあるんだけど、車社会のこの地域で、僕も車で帰省しているからさほど関係ないのであった。


2007年に最初に鑑賞した映画は、「007/カジノ・ロワイヤル」であった。

実は僕は007シリーズの映画は初めて。そしてポーカーのルールや、その醍醐味というのもあまりわかっていないのであった。しかしテロリストの一味とMI6のスパイが同じテーブルを囲んで、国家予算を糧にギャンブルに興じているというのはなかなかに面白いシチュエーションであろう。

そういえば、Wikipediaの説明によると、この作品は新007シリーズの1作目という位置づけなのね。なるほど、ポスト冷戦時代に生まれ変わったボンドの007シリーズか。


で、ストーリーの展開もさることながら、もっぱら僕のまなざしは(他の多くの観客もきっとそうだろうけど)ボンドガールであるエヴァ・グリーンの美貌に釘付け。

これが邦画作品だと出演する美男美女たちについつい嫉妬を感じいちゃもんをつけてしまう僕であるが、さすがにエヴァ・グリーンとボンド役のダニエル・クレイグのカップルはあまりに雲の上の存在過ぎて、その完璧には文句のつけようがなく、ただただ空いた口が塞がらない。だらー。

エヴァ・グリーン演じるヴィスパーなる女性が、英国財務省の女性職員で、かなり知性があってお固いキャラで、でも徐々に心を開いていくというのが、うーむ、なんとも男心をそそる設定だよね。うひうひうひひ…いやいや。

それにしてもエヴァ・グリーンの美貌だけでなく、ダニエル・クレイグの肉体も見事なことよ。メタボリック症候群にはまりかけた身の上には、それは嫌み以外の何者でもないのであった。ふぁあ。とほほ。


そんな完璧な肉体の彼が劇中、素っ裸にされ、椅子に縛られて拷問を受けるシーンがある。拷問の詳細の説明は避けるが…あれはひどい。男性諸氏は激痛を想像し、それぞれの股の下にむずがゆさを感じていたことであろう。

でも、拷問にも関わらず彼の男性機能は失われることもなく(同情の必要はなかったか)、悪役は都合よく銃殺され、そしてエヴァ・グリーンとめでたくベッドインするのであった。はぁぁぁ。その、あまりにかけはなれた筋肉と美貌の絡み合いに、ただただスクリーンを眺めるだけの自分がいたのであった。

もう、勝手にちちくりあってくれ。


そのようにして過ぎる2007年の正月であるよ。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | February 2007 »