« バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | Main | ブラッド・ダイヤモンド »

February 25, 2007

それでもボクはやってない

まだ大学生の女の子の知り合いがいるんだけど、高校時代の元カレが法学部で弁護士をめざしているという。「ぜひこの映画を見せたいんだけど、時間がないと言って見てくれないの」と言っていた。

そう思わせるのも、さもありなん、と思った。彼女の元カレは学部生ながら法科大学院に飛び級で進学できるほど優秀らしいので、その感想はぜひボクも聞いてみたいなあ、と思った。


その映画のタイトルは、「それでもボクはやってない」。「Shall We ダンス?」の周防正行監督が11年ぶりにメガホンをとった作品である。

ストーリーは、痴漢冤罪事件を素材にして法廷のありのままを描いたものなんだけど、その内容がリアルだということで公開当初より話題を呼んでいた。そういう話題作は僕もぜひ観たいと思うのだけど、なんだかんだで時間がとれず、公開から数週間がたった頃にようやく鑑賞することができた。


折りしも裁判員制度の開始が迫っており、そこはかとなく司法への関心が高まっている今日この頃。まさにタイムリーな作品であり、だからこそヒットもしたのだろうと、僕は信じている。

まあ、僕やあなたの一生のうちに裁判員に当たることがあるかというと、たぶんない。当たらない可能性のほうがはるか高いけど、万一の時に何の予備知識もなくそういう場にのぞむよりは、こういう映画でも見て司法の現実についてイメージを膨らませておいたほうがいいかとは思う。

裁判員制度も世間受けするようなタレントを使ってアピールするよりは、こういう映画を予習用に国民に推薦するべきだろう。うん。…って、正論をいえば司法の無謬性を否定する内容だから難しい、というか絶対にならないと思うけどネ。


さて、この「それでもボクはやってない」。痴漢冤罪で逮捕された主人公を追って、淡々とストーリーが進んでいく。とくにドラマチックな展開はない。拍子抜けするほどにない。ただ、裁判に予備知識のない観客を意識して、あちこちで説明的なセリフが入れられたりしている。

淡々と進む、と表現したのはこういうことだ。たとえば、主人公の周囲の人々がさんざん苦労を重ねて見つけ出した目撃者。カギを握るその目撃者が証言に立つことになる。普通ならその証言がきっかけとなって法廷劇がいっきに逆転となるのだけど、ところがこのお話ではそうはならない。裁判の次の段階に進むのみである。

あるいは弁護側が、逮捕当日の当番弁護士にその時の被疑者の様子を証言させるという奇策を思いつくわけだが、法廷で申請すると「その必要性はないでしょう」と裁判官にあっさり退けられる。

そう。普通のドラマなら話が展開していくようなポイントが、ことごとくさっくりと片付けられていくのだ。なんともかんとも。言ってみれば物語づくりのセオリーに反しているんだけど、この映画の場合は逆にそれがリアリティーを増す方向に働いているのだ。むむむ。

それが観客をひきこんでしまう。


鑑賞後、ネットでこの映画に関するブログをあれこれ探してみた。

そのなかのどこかで読んだのだけど、劇中の法廷、現実の法廷とは弁護側と検察側の位置が逆なのだそうだ。そういえば…なるほど、いままで見たドラマや映画の法廷シーンの記憶では、たしかに反対側に陣取っていますね。

そのブログではこの演出をして、日本の刑事裁判そのものを被告としたかったという監督の意図によるものと読み取っていたのだけど…。それも頷ける気がしますね。

繰り返しになるけど、冒頭のとおり司法を志す人の感想というものをぜひ聞いてみたいと思わせる作品であった。


 

|

« バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | Main | ブラッド・ダイヤモンド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それでもボクはやってない:

« バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | Main | ブラッド・ダイヤモンド »