« 主人公は僕だった | Main | パッチギ! LOVE&PEACE »

May 20, 2007

スパイダーマン3

スパイダーマン3」を鑑賞した。


こういう話題の大型作品については、このブログを目にした方も既にご覧になっている場合が多いと思う。だからあえて、詳しい紹介や論評を述べる必要はないかもしれない。

僕としてはこれまで「スパイダーマン」も「スパイダーマン2」も公開時には劇場で観てきたし、その「スパイダーマン2」の時のブログでも述べたけど、主人公のトビー・マグワイアは、「カラー・オブ・ハート」を観て以来、僕にとっては注目している役者の一人というわけで、素直な気持ちで足を運んだわけだ。


そもそも、これまでの「スパイダーマン」も「スパイダーマン2」も、設定は荒唐無稽なヒーローアクションものなのだが、ストーリーとしては、主人公の苦悩とかヒーロー責任のといったテーマを丁寧に描いていて、それが僕にとっては印象深かった。前作、前々作ともになかなかよくできた映画だったよな、うん。

ということで実は今回の鑑賞に足を向ける前に、前作、前々作のDVDを購入。事前にこれまでのお話を復習しておいたほどである。何しろスパイダーマン3をヒットさせるという目的のため、1&2の両作品がセットになって約2,000円という値付けでDVDコーナーに並べられているのである。まさにこれはお買い得というものだ。


 


ということで鑑賞にのぞんだわけだけど、みなさんはどうご覧になりましたかこの3作目を。

いやいや、物語のなかみはてんこもりだよね。これでもか、これでもか、という具合で展開していって観終わったらふぅ〜。もうお腹いっぱい、という感じ。

なにしろ、予告編やポスターなどでは黒いスパイダーマンが強調されているから、自分の内面(ダークサイドみたいなもん?)との闘いがメインなのかなあ、と思いつつ、でも前作のラストを思い出すと、今回はハリーとの対決の物語以外ないだろうとも思うし、情報誌をパラパラとめくるとこんどの敵はサンドマン(砂男)なんて書いてあるし、おいおい、いったいどんなお話じゃ、と思ってしまう。

で、観てみるとわかるけど、スクリーンの向こうではその3つの敵とそれぞれ戦うことになるわけだ。なんと盆と正月が一緒にやってきたような騒ぎではありませんか。いや、3個あるから盆とクリスマスとお正月くらいかな。サービス精神てんこもりで顧客満足度ナンバーワン(当社比)を狙っているのであろう。


ただ、ストーリーでちょっと気に入らなかったことが3つほどある。まあ、基本的にはよくできた特撮映画、娯楽作品だと僕も思っているのだけど、言論の自由というものに甘えてこの場に記すことをお許しいただきたい。

まず、前々作、前作で主人公ピーターの苦悩と責任感のおおもとになった重要なエピソードがある。そのエピソードの、ピーターも知り得なかった新たな真相が、本作品で明らかにされている。

といっても実態は明らかにされるというよりは、話の展開にあわせて都合良く書き換えられる、というのが近い。それも作品中で一度のみならず二度も書き換えられる。おいおい、これは物語の中核だろ、そんな変更ありかよ、と思ってしまった。

次に、ハリーがかわいそうである。ハリーというのは主人公ピーターの親友でありライバル、物語の重要な登場人物なのだが—。

今回は改良型グライダーに乗って空を飛び回り、最初はスパイダーマンと闘い、ラストではスパイダーマンと協力する側に回る。それにしてこの最後は…。顔に大怪我を負って醜男になってしまい、でも改心してピーターを助けようとするのに、このラストはなんとも無念なことである。

だいたい、あの執事がよくないのである。3作目の最後になっていきなりコトの真実をいうからこんな結果になるのだ。ハナからお坊っちゃまにちゃんと伝えておけばいいのだ。さすればハリーも逆恨みなど抱くこともなく、前作でも本作でもただの金持ちのいい友人、無難な脇役にとどまったであろう。それではスパイダーマンのお話が作れないが。

ただ、あの場面でああいう発言をさせるのは脚本家のご都合主義と言わずしてなんであろうか? 寂しいからといって別の男に走るM.J.の尻軽ぶりよりも、執事の存在に怒りを感じてしまうワタクシであった。

最後に、脱獄して素粒子実験に巻き込まれて砂男となりはてた男の、娘の病気は結局どうなったのであろうか。治ったのだろうか。それとも結局お金は届かず、いまだ快癒の見込みもないままなのだろうか。映画の出だしで難病の娘を出しておきながら、以降のストーリーではどうでもいいことの部類にしてしまって、その後の説明がないのはいささか不親切な気がした。

むむ。


と、また今日もつまらない指摘をいくつかしてしまった。素直なココロが大切なのにね。

繰り返しになるがよくできた映画だし、映画館のチケット代の元はとった気にはさせてくれる十分な密度の作品。なので深いこと考えないほうがいいんだと思う。この映画を観るって、遊園地のアトラクションを楽しむようなもんだと思うしね。

|

« 主人公は僕だった | Main | パッチギ! LOVE&PEACE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22029/15219575

Listed below are links to weblogs that reference スパイダーマン3:

« 主人公は僕だった | Main | パッチギ! LOVE&PEACE »