« トランスフォーマー | Main | クローバーフィールド/HAKAISHA »

September 17, 2007

HERO

Seabus連休。


いまは仕事も退職して悠々自適の父と母が、横浜にやってきたのであちこち案内をした。

1日目は僕も初めてなのだけど、シーバスに乗った。横浜駅に隣接する、ベイクォーターの下の乗り場から乗船、出航。みなとみらいを視野におさめながら、大桟橋を越えて山下公園まで。ざっと15分ばかり。

山下公園で大道芸をちょっと見て、その後は中華街で食事会。ふだんは頼まない贅沢なコースで舌鼓を打つ。


Sankeien翌日は、クルマで出かける。

まずは本牧の三溪園へ。ここは明治の富豪、原三溪が作った庭園で、各地の古来の建築が集められている。いまは横浜市の施設だ。

まあ、風光明媚な空間であるのだけど、同時にむかしの大金持ちはすごかったということを実感できる場所でもある。

敷地内を散策して、疲れる。運動不足だナ…。


横浜横須賀道路を南下して、三浦半島の先端、三崎港へ。途中、渋滞にはまってしまい、思った以上に時間がかかった。やっぱり世の中の人は、連休は行楽に出かけるんだなあ。

やや遅めの昼食だが定番の鮪丼を食べ、続いて城ヶ島公園を散策して海を眺める。そういえば、前日から海ばかり見ている。

横浜横須賀道路をこんどは北上し、横浜新道、第三京浜を経て新横浜駅まで両親を送る。

6時頃だったから、いまからこだまに乗ると、地元の東岡崎駅でバスに間に合わないかな、と心配になったけど、後で届いたメールで、奥殿陣屋行きの最終バスに乗れたようだ。なによりであった。


両親が帰って、その翌日。

映画鑑賞に出かける。今回鑑賞したのは、前週から公開が始まったばかりの邦画HEROだ。

これは、フジテレビ系列で放映されたドラマの映画化作品である。

数年前、ビデオレンタルでまとめて観たそのTVドラマ版が、僕にとってはけっこう面白かった記憶がある。いま明かすと、眼鏡をかけた松たか子の姿にちょっと“萌え”を感じたのだった。

その時の印象と、目下話題になっている作品でもあるということで、自ずと足が向いた。


TVドラマと同様、ややリアリティに乏しいストーリー。コメディタッチで物語は展開する。まあ、このあたりはいかようにでも突っ込めるのだが、もともとHEROとはこういう作品なので、野暮というものだろう。

ただ一つだけ思ったことを言えば、いったいなぜ主人公が韓国に飛ばなければいけないのか、話の作り方としてどうも腑に落ちなかった。せっかくの映画版、海外ロケして、スクリーンの向こうの世界の広がりを作りたかったんですかね?


あと、大塚寧々を久々に、画面で拝見した気がするね。もちろん僕の知らないところで活躍しているのだろうけど、いまは何の仕事をメインにしているのだろう。

|

« トランスフォーマー | Main | クローバーフィールド/HAKAISHA »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22029/16508463

Listed below are links to weblogs that reference HERO:

» 大塚寧々☆SEXシーン動画 [大塚寧々☆SEXシーン動画]
大塚寧々☆SEXシーン動画 [Read More]

Tracked on September 29, 2007 at 02:06 PM

« トランスフォーマー | Main | クローバーフィールド/HAKAISHA »